Notice: wp_enqueue_script が誤って呼び出されました。スクリプトおよびスタイルは wp_enqueue_scriptsadmin_enqueue_scriptsinit フック以降のみに登録・キュー追加できます。 詳細は WordPress のデバッグをご覧ください。 (このメッセージはバージョン 3.3 で追加されました) in /home/hamaro/www/reviewblog/wp-includes/functions.php on line 3587
発泡酒がビールのように美味しくなる。ビールを飲むなら「350mL+泡」がすりきりいっぱい収まるittalaのグラス「カルティオハイボール」がオススメ。

発泡酒がビールのように美味しくなる。ビールを飲むなら「350mL+泡」がすりきりいっぱい収まるittalaのグラス「カルティオハイボール」がオススメ。

私は、飲み物を缶から直に飲むのが好きではない。あの狭くて尖った飲み口が、爽快さを損なうからである。特に、ビールのようにノドゴシが重要な飲み物に関してはそうだ。

だから、私は専用のグラスを使っている。ここ5年ほど愛用しているのは、フィンランドのガラスウェアメーカー「ittala(イッタラ)」のグラス「カルティオ」だ。このグラスは何の変哲もないクリアのグラスだが、使えば使うほどじわじわと愛着が湧くロングライフな逸品であり、私は大変気に入っている。

まず、その機能性が素晴らしい。飲み口が丸くなおかつ口径が大きいので缶で飲む場合のように口をすぼめる必要もなければ、ズルズルと音を立てて飲むこともなく、自然とグイグイ飲める。そのノドゴシは格別である。私の場合、このグラスで飲むようになってから、ビール系飲料の味が2ランク上がったと断言できる。第三のビールはビールクラス、発泡酒ならばそれ以上の味を楽しめるというわけだ。そして、口径が大きいのでとても洗いやすく、肉厚も十分あるので使っていて安心感があるのも良い。

デザインも秀逸である。特に、材質が良い。安物のグラスは使っているうちにだんだん曇ってくるものだ。しかし、このグラスは曇りも無いしそもそもベースの透明感が群を抜いている。ビールを注いだ時の琥珀色は、もはや官能的といっても過言ではない。形状も、ジョッキ的な大味さはこれっぽっちも感じさせず、派手さはないが絶妙な存在感を放ってくれる。

ittalaは他にも魅力的なガラスウェアを製作しているが、どれも高価であり、1万円を超えるものも多い。そんななかで本品は店頭価格で1500円と比較的リーズナブルである。にもかかわらず、その品質は間違いなくittala級。グラスに1500円は高いという人もいるかもしれないが、毎日飲むビールの味がレベルアップするならば、こんなに安い買い物はない。私は4つセットで購入し、今も愛用している。

ちなみにamazonでは複数の業者がittala製品を取り扱っており、プライシングも様々だ。中にはペアで2000円を切るものもあり大変お買い得である。以下に本品の一覧を示すので、興味のある方はチェックしてみて欲しい。

Amazonのittalaカルティオ一覧

This entry was posted in 家具・インテリア and tagged , , , , , , , , , , , , . Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: Trackback URL.

One Comment

  1. 松野竜太
    Posted 2013年7月24日 at 9:24 PM | Permalink

    ぐいぐい引き込まれちゃうような文章力、すごいです。
    それに写真もすごくいい雰囲気ですね。

    写真はやっぱり NEX7 と SEL24F18Z で撮ってるんですか?

Post a Comment

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>