Notice: wp_enqueue_script が誤って呼び出されました。スクリプトおよびスタイルは wp_enqueue_scriptsadmin_enqueue_scriptsinit フック以降のみに登録・キュー追加できます。 詳細は WordPress のデバッグをご覧ください。 (このメッセージはバージョン 3.3 で追加されました) in /home/hamaro/www/reviewblog/wp-includes/functions.php on line 3587
クールでスマートなマウスパッドはLion製のあの逸品。

クールでスマートなマウスパッドはLion製のあの逸品。

マウスパッド選びほど難しい買い物はない。ほしいほしいと思いつつも、これぞ!という逸品に出会うことはまず無い。時間さえあれば家電量販店、デザイン家電屋、インテリア展をチェックする習慣がある私だが、心からしっくりくる質感、デザインのものはどこに行っても見つからないのだ。

 

マウスパッドの値段は様々である。安かろう悪かろうは当然のこととしても、いわゆる高級マウスパッドですらSnobな安革が素材に使われていたり、不必要な装飾が施されていたりして、幻滅させられるものばかりだ。結局のところ、どれも大量生産の消耗品でしかないのである。

 

心に響くマウスパッドはないのか。デスクの上に鎮座するiMacやiPhoneのような「佇まい」のある逸品が欲しい。長い間探し求めてきたが、ついに「これだ!」というものに出会えた。

 

なんと、それはマウスパッドではなかった。いわゆるカットマット、カッター作業に使う下敷きだった。

ライオン事務器の製品は、どれも際立った特徴のない普通のオフィス用品である。おそらく意図的にだろうと思うが、日本中のいかなる職場にも溶けこみ、馴染み、目立たないようにデザインされているのだ。しかし、だからといって月並みであるということは決してない。その細部の作りは大量生産というには勿体無い風味を持っており、どこか懐かしさを覚えるものが多い。Simple is the best. 江戸時代に創業した老舗だけあって、禅の心を宿しているようだ、とは言い過ぎだろうか。

 

私はこのライオン事務器社製のカッティングマットを店頭で見て、人目ぼれしてしまった。細やかなカッター裁きに耐えうる密度の高いビニール素材は、固く重厚で、かつ、しなやかである。これならせわしなく動く私のマウスの下でも、どっしりと安定してくれていそうだ。表面は梨地加工が施されており、ちょうどiMacやiPadのアルミニウム面と似た様な質感で、相性も良い。そしてなにより、面白いのは表面の方眼である。細やかな線が無数に引かれていることで、マウスの反応もすこぶる良いものになるだろう。

 

即買だった。

 

2年以上前に買ったこの製品だが、いまでも大活躍してくれている。どんな素材の机にもすっと馴染み、すべらない。文房具だけあって丈夫に出来ているため、傷みらしい傷みは全くない。しかも、マウスの反応も抜群だ。最高のマウスパッドであると確信している。

たまに、カッター用の下敷きとして使うこともある。なめらかに滑る刃先を見ながら、本当に良いものに出会えたと心から満足してしまう。

※2012年の段階で、私が使っている「CM-30H」はかなり品薄になってきています。在庫を見かけたらお早めにご注文されることをオススメします。

 

 

This entry was posted in デジタル製品, 文房具 and tagged , , , , , , . Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: Trackback URL.

One Comment

  1. とおりすがり
    Posted 2013年7月21日 at 11:16 AM | Permalink

    ちょっとホームセンター行ってきます
    すべりすぎないマウスパッド探してたんだわ

Post a Comment

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>