Notice: wp_enqueue_script が誤って呼び出されました。スクリプトおよびスタイルは wp_enqueue_scriptsadmin_enqueue_scriptsinit フック以降のみに登録・キュー追加できます。 詳細は WordPress のデバッグをご覧ください。 (このメッセージはバージョン 3.3 で追加されました) in /home/hamaro/www/reviewblog/wp-includes/functions.php on line 3587
ブルーレイの底力を余すところ無く堪能できる「007カジノ・ロワイヤル」

ブルーレイの底力を余すところ無く堪能できる「007カジノ・ロワイヤル」

ブルーレイ環境を整えたらまず買うべきは「プラネットアース」だということは以前に述べた。その次に買うべきはなにかと言われれば、「007カジノロワイヤル」をおいて他にはない。

この映画はSony Picutures Entertainmentの作品である。ちょうどブルーレイとHD-DVDの規格戦争の真っ只中につくられた作品であるため、画質と音の両方にソニーの強いこだわりが詰め込まれており、他に類を見ないハイレベルな仕上がりになっているのだ。

まず、映像の精細感は他のブルーレイ映画ソフトの追随をゆるさないレベルである。プロジェクタの大画面で確認したが、圧縮ムラのようなものは一切見られなかった。とにかく綺麗。プラネットアースより綺麗。

画質以上に特筆すべきなのは音の奥行きだ。以前紹介したDENONの安価な5.1chシステム「DHT-M380」でも、ズシリと重厚に音場が広がるのが感じられる良好な音作りになっている。

映画というのはシーンの切り替わり直後にBGMが流れることが多い。そのBGMが薄っぺらい音質だと興ざめするのだが、本作では音の調整がゆきとどいているおかげでシーンの切り替わりごとに「これから何が始まるのだろうか」と物語にグイグイと引き込まれてしまう。特にモンテネグロに舞台が転換する序盤のシーンの音場はとても素晴らしい。情緒豊かであり物悲しいサウンドが、物語の悲劇性を予感させてくれるのだ。ここまで音質で聴衆をひきつけられる映画というのはなかなか珍しい。

登場人物も魅力的だ。

まず、ヒロインを演じるEva Green(エヴァ・グリーン)が見逃せない。エキゾチックな美女を演じさせたら彼女の右にでるものはいないと思う。ドレスを着た彼女がクレイグとカジノを歩くシーンは、妖しい美女と狡猾なスパイといういかにもスパイ映画らしい絵になっている。この絵のためだけでもみる価値のある映画だと思う。

本作からは、主人公ジェームズ・ボンドはダニエル・クレイグが演じた。彼は初の金髪ボンドということもあり過去のボンドのイメージからかけ離れていたため、ファンからかなり反発をもって迎えられたそうだ。ファンのブーイングの中映画の撮影に挑むのはかなり辛かったらしいが、彼はその持ち前のタフさで映画を仕上げる。結果、出来上がった作品は非常に高い評価で迎えられた。原作のジェームズ・ボンドに一番近いのはダニエル・クレイグではないかと言い出すファンも出たほどだ。

その波乱万丈の過程は付録特典「James Bond in Real(生身のジェームズ・ボンド)」というドキュメンタリに詳しく描かれている。本編も楽しいが、この付録は本編と同じくらい面白かった。付録はレンタルでは見れないので、見たい人はブルーレイ版を購入する必要がある。

007 カジノ・ロワイヤル [Blu-ray]
007 カジノ・ロワイヤル [Blu-ray]

posted with amazlet at 12.01.08
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント (2010-04-16)
売り上げランキング: 4714

 

007 カジノ・ロワイヤル スペシャル・エディション (2枚組) [Blu-ray]
007 カジノ・ロワイヤル スペシャル・エディション (2枚組) [Blu-ray]

posted with amazlet at 12.01.08
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント (2008-12-19)
売り上げランキング: 28433
This entry was posted in DVD、Blu-ray and tagged , , , , , , , , , , , . Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: Trackback URL.

Post a Comment

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>