Notice: wp_enqueue_script が誤って呼び出されました。スクリプトおよびスタイルは wp_enqueue_scriptsadmin_enqueue_scriptsinit フック以降のみに登録・キュー追加できます。 詳細は WordPress のデバッグをご覧ください。 (このメッセージはバージョン 3.3 で追加されました) in /home/hamaro/www/reviewblog/wp-includes/functions.php on line 3587
30歳が買うべき大人のカジュアルバッグは「BRIEFING(ブリーフィング)」

30歳が買うべき大人のカジュアルバッグは「BRIEFING(ブリーフィング)」

30歳の男たるもの、カジュアルバッグは何を使うべきか。ジーンズやパーカーに合わせる場合、堅苦しすぎる意匠のものは相応しくないわけだが、かといって安っぽいものもNGである。何がベストの選択だろうか。

一般的に大人のカジュアルバッグの代表格はPorterだと言われている。吉田カバンという会社が作るこの製品は、例えば東急ハンズにいけばイヤというほど並んでいる。街にでれば、この会社のかばんが溢れている。黒を基調としたシックなデザインと、べらぼうに多いともいえるバリエーションが人気の理由だ。

私もかつてポーターを使っていた一人だ。数千円の安物のカジュアルバッグを使っていた私にとって、¥10,000以上が基本のポーターは高級素材を抜け目なく仕上げた魅惑の逸品に見えた。

 

しかしもう30歳。もう一度冷静にPorter製品を眺めるとやけに安っぽく見えてしまう。スカスカの生地。ひ弱なプラスチックの留め具。取ってつけたようなジップの金具。全てが30歳には相応しくない。

そこで最近愛用しているのがBriefingだ。滋賀県長浜市にある零細鞄メーカーがデザインするこのブランドラインは、全てアメリカの契約工場で生産されている。ミルスペックと言われる軍用品基準に準拠した部品をふんだんに使っているため、質感からして丈夫さが伝わってくる仕上がりになっている。某社のように「安っぽい」という感じはしない。

私が購入したのは、Barney’s別注品のショルダーバック。まだネット上にも現れていない稀少性の高い逸品だ。サイズは、ちょうど11インチのMacBookAirがすっぽり収まる大きさ。あまりにもスリムなかばんなので、中からMacBookAirをとりだすと、皆驚く。

ここで重要なのは、BRIFINGが仕様するバリスティックナイロンの丈夫さだ。肉厚でしなやかな素材なので、MacBookAirのようなラップトップを裸でいれても、衝撃などがほとんど気にならないのだ。これは、デジタル製品を日頃から持ち運ぶ私のような人間にとっては非常にありがたい事である。

ベルトの素材もかなり丈夫な物を使用しており、全くへたらない。しかも、しなやかなので身体になじむ。至る所が「丈夫」で固められており、さすがは軍用パーツと感心してしまう100点満点の出来栄えである。

いまやBriefingはメジャーなブランドと化しつつあるが、Porterに比べるとまだまだ街での出現率は高くない。少し値は張るが、質は非常に高いので、「Porterはイヤ」というひとにぜひオススメしたいブランドである。

 

This entry was posted in デジタル製品, 文房具, 未分類 and tagged , , , , , , , , , , , . Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: Trackback URL.

Post a Comment

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>