Notice: wp_enqueue_script が誤って呼び出されました。スクリプトおよびスタイルは wp_enqueue_scriptsadmin_enqueue_scriptsinit フック以降のみに登録・キュー追加できます。 詳細は WordPress のデバッグをご覧ください。 (このメッセージはバージョン 3.3 で追加されました) in /home/hamaro/www/reviewblog/wp-includes/functions.php on line 3587
【画像あり】最強のCD/DVD収納は、ニューヨーク近代美術館選定品のM-Pad

【画像あり】最強のCD/DVD収納は、ニューヨーク近代美術館選定品のM-Pad

みなさんは、CDの収納にお困りではないだろうか。私はいままで海千山千のCD収納を試してきたが、結果的に「これだ!」と思えたものは何もない。というのも、「どこかに収める」という作業がいちいち面倒なので、結局行き着く先は裸でスタック、要するにケースも何もないむき出しの状態でそこらに放置するという究極の収納にいつも行き着くのである。

裸スタックは場所を取らないというメリットがある。場所をとらないので、独身ワンルームで寝起きする私にとっても受け入れやすい収納なのだ。しかも、ブック型のCD/DVD収納と違って一枚一枚個別に扱えるので取り回しが良い。

しかし問題もある。それは「傷」と「ホコリ」だ。CD/DVDの大敵は傷とホコリである。裸スタックはCD/DVDの読み取り面がむき出しになってしまうので、当然これらの驚異からは抜け出せない。場所を取らずに一枚一枚個別に扱える裸スタックと同等の利便性と、傷やホコリからガードしてくれる保守性の高いCD/DVD収納方法はないか・・・。長年そういうグッズを探し求めてきた。

そして私は今日、最高の解答を見つけたのでここに報告する。

ズバリ言おう。その答えは、M-Padである。M-PadはCD/DVDの読み取り面のみを保護してくれる究極のCD/DVDカバーだ。最高である、もう手放せない。

その形態は下記の一連の写真を見て頂ければよかろう。

 

まず、裸のM-Pad。中央部にCD固定用のツメがある。

 

そこにCD/DVDをかぶせて・・・。

 

中央部をM-Padのツメに合わせて、押しこむと、パチッと密着する。

 

ご覧のとおり、完全密着。M-PadがCD/DVDの読み取り面をカバーし、傷やホコリから守ってくれるというわけだ。

 

いままではM-Padがなかったから、こういうふうに、むき出しスタックが我が家のスタンダードだった。当然CD/DVDには傷がつく。実はCD/DVDは傷がついても案外ちゃんと読み込めるのだが、それでも何枚かに一枚はこの傷が原因で死んでしまったりするのだ。それにそもそも、傷がついたままCD/DVDを管理するのは精神衛生上あまりよろしくない。

 

しかし、M-Padがあれば安心だ。このとおり読み取り面は完全ガード。重ねようが投げようが問題ない。

 

M-Padの隠された凄さは、そのスタック性の高さだと思う。それぞれのCD/DVDにはりついたM-Padは、CD/DVDの中央孔を通してお互いにきれいにスタック出来るようになっている。上記の写真のように、軽く重ねてやれば、自然と縦一列にスタックされてくれるのだ。これで、箱などにどっさりとCD/DVDを入れても崩れることがない。

M-Padはそのデザイン性と機能性の高さを認められてニューヨーク近代美術館の選定商品となっている。さすが美術品だけあって、細部の極め細やかさはなかなかのものだ。所有感を満たせるプラスチック成形という意味では、Electroluxの電気ストーブと通ずるものがある。

色は複数色展開である。何色をどの程度買うかは、直感で決めてしまえば良いと思う。私ははじめ、お試しで30枚セットを買っただけだったが、一発で惚れ込み、120枚ほど追加発注した。まさにCD/DVDケースとしては出色の逸品だ。値段もそんなに高くはないし、久しぶりに良い買い物だった。

 

M-pad 30枚入 ライム・黒・白 MPB-016
PlasticArts
売り上げランキング: 38852

M-pad 30枚入 ピンク・白・ライム MPB-015
PlasticArts
売り上げランキング: 36514
This entry was posted in DVD、Blu-ray, デジタル製品, 家電製品 and tagged , , , , , , , . Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: Trackback URL.

Post a Comment

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>