Notice: wp_enqueue_script が誤って呼び出されました。スクリプトおよびスタイルは wp_enqueue_scriptsadmin_enqueue_scriptsinit フック以降のみに登録・キュー追加できます。 詳細は WordPress のデバッグをご覧ください。 (このメッセージはバージョン 3.3 で追加されました) in /home/hamaro/www/reviewblog/wp-includes/functions.php on line 3587
昼間はしがないエンジニア。夜は売れない文筆家。そしてたま〜に、レビュー屋さん。

Monthly Archives: 3月 2011

【レビュー】プラズクラスターマイオン発生器 IG-B100を使ってみました。

【価格】 IG-B100は現行モデルIG-C100の旧型品です。原稿のIG-C100の最安値が¥18,585(価格コム)なのに対し、旧型のIG-B100は¥10,400と割安。新旧の差異は殆ど無く、新型のほうがフィルターが二重になっており、ホコリ除去機能がアップしただけ。もともとホコリ除去のために使う商品ではないので、IG-B100がお買い得。間違いない。 【評判】 空気浄化装置としてもはや定番になりつつある「プラズマクラスター」。とにかくニオイが取れると評判です。タバコのニオイ、料理のニオイ。なんでも取れる。その反面「動作音」が大きい という声も聞かれます。 【感想】 若い女性が男性の家に上がったときに最も気になるのは「ニオイ」なんだとか。しかしプラズマクラスターを炊いておけば大丈夫。料理やタバコ、汗=、男臭さなどの有機的なニオイはかなりパワフルに消臭してくれます。ちょっと洗濯が間に合わないコートなんかも、本機のそばにかけておけば、ニオイをとってくれます。 取れなかったのは、家の壁紙の接着剤のニオイのような無機的なものだけ。まぁ、これはセーフでしょう。 問題は騒音。気流が流れる「ゴー」っという音と、プラズマ発生器?から発生する「ジー、ジー」という音。これらが非常に気になります。読書や映画、インターネット、何をしていても耳に付く。一方、TVなど騒がしい音にはかき消される程度の音でしかないので、気になる人にはなる、気にならない人にはならない程度の騒音です。 僕は朝、家を出るときに「オン」帰ってきたら「オフ」にしています。そうしておけばニオイは十分取れるし、騒音は気にしなくて済むからです。ベッドや毛布などに染み付いたニオイも気にならないレベルまで消し去ってくれます。突然の女子の訪問にもバッチリ対応できています。なんでもっと早く導入しなかったんだろうと、逆に悔やむほど。この清潔感がお金で買えるならば、一万円は安いものだと思います。 マジで、オススメです(特にお買い得な旧モデル)。 SHARP プラズマクラスターイオン発生機 ホワイト系 IG-B100-W posted with amazlet at 11.03.02 シャープ (2009-10-01)売り上げランキング: 1652 Amazon.co.jp で詳細を見る

Posted in 家電製品 | Tagged , , , , , , | Leave a comment

【レビュー】ボルヴィック(volvic)

水がなければ人間は生きていけません。けど、水道水はマズイ。特に都会の水はヤバい。飲むと腹を下しそうです。 しかし、ミネラルウォータを買ってくるのも億劫なもの。あのクソ思い奴らを手に提げて歩くのはちょっとした労働ですよね。だから、僕はミネラルウォーターは「通販」で買うようにしています。通販だと、玄関の前まで持ってきてくれるからとても楽ちん。 しかも安いんです。例えばVOLVICの1.5Lは12本で1700円ちょっと。一本あたり150円を切る計算です。普通に店頭で買うよりも安く手に入ります。 安い上に楽。通販で買わない手はないでしょう、ミネラルウォーターは。 そして、何故かVOLVICは「1.5L x 12本」が「1.0L x 12本」よりも安く設定されています。どうしてだか分かりますか? 僕には分かりません。けど、1.5Lを買うようにしています。だって安いんだもん。 ボルヴィック 1.5L×12本 「正規輸入品」 posted with amazlet at 11.03.01 キリンビバレッジ 売り上げランキング: 14 Amazon.co.jp で詳細を見る

Posted in サプリメント | Tagged | Leave a comment

【レビュー】百万円と苦虫女(DVD)を観ました。

普通の女の子が、普通の町で、普通の恋をする。その様子を「百万円たまったら別の町に移動する」という仮想ルールの元に描いた青春ムービー。普通ゆえに「誰でも共感できる話」が仮想ルールのおかげで「ちょっと不思議な雰囲気」に包まれて、こころ和むストーリーに仕上がっている。 「不思議な雰囲気」かつ「普通」の女の子を演じさせたら蒼井優の右にでるものはいない。普通だけど、普通じゃない。子どもっぽいけどオトナっぽい。好きだけど嫌い。少女の中に存在する二律背反を、蒼井優独特の透明感とともに見事に演じきっている。 行く先先の町で、その町の人々の優しさと冷たさに遭遇する主人公。そのたびに強くなっていく。そして、ある町で出会った青年に恋をする。しかしやがて二人の関係に暗雲が立ち込め・・・・恋に落ちる過程も、落ちたあとの描写も、生々しいけどなんだか不思議な透明感をもって描かれている。ラストの青空が胸をすくさわやかなエンディングに繋がっている。 一番の見所は、ベッドシーンの蒼井優の鎖骨。 百万円と苦虫女 [DVD] posted with amazlet at 11.03.01 ポニーキャニオン (2009-01-30)売り上げランキング: 5489 Amazon.co.jp で詳細を見る

Posted in DVD、Blu-ray | Leave a comment