Notice: wp_enqueue_script が誤って呼び出されました。スクリプトおよびスタイルは wp_enqueue_scriptsadmin_enqueue_scriptsinit フック以降のみに登録・キュー追加できます。 詳細は WordPress のデバッグをご覧ください。 (このメッセージはバージョン 3.3 で追加されました) in /home/hamaro/www/reviewblog/wp-includes/functions.php on line 3587
昼間はしがないエンジニア。夜は売れない文筆家。そしてたま〜に、レビュー屋さん。

Monthly Archives: 7月 2011

【レビュー】iPhoneともwifiでつながっちゃう体重計WiFi Body Scale

Apple好きにはちょっと辛い時代が続いています。新型iPhoneの発売日がなかなかやってこないからです。ここ最近はiMacやMacBookAirのバージョンアップ、OSXのバージョンアップなどがありますが、いまいち華々しさにかけますよね。Appleらしい「尖った」商品がなかなか出てきません。 そこで僕は、ついに「Apple以外の、Appleらしいもの」に手を出しました。それがWiFi Body Scale WBS01です。 オススメするポイントは3つです。 一つ目は基本性能。乗ると、体重を測定し、体脂肪率を測定し、BMIを計算して表示してくれる。乗ると自動的に電源が入るし、降りると切れる親切設計。Amazonのレビューでは「乗るたびに体重が変わる」とありましたがそんなことはありません。このへんは最近の体重計のトレンドをシッカリと押さえてくれています。 二つ目はデザイン。アップルチックなつるんとしたシンプルなデザイン。箱もいかにもアップルライクで、家に届いた瞬間からワクワクしながら開梱し、アップル感を味わうことが出来ます。 そして最後は、wifiでインターネットに接続出来るということ。この体重計、測ったデータをwifi経由でネットに飛ばし、あなたの専用アカウントにデータを蓄積してくれます。そしてなんと、そのデータをネットや、iphoneで見ることが出来るという優れものです。これならば怠けがちな体重記録も、飽きずに続ける事が出来ます。 使い方は簡単。乗って、待って、降りるだけ。それだけであなたのヘルスデータがネット上に蓄積され、PC、iPhoneなどから閲覧することが出来るのです。僕がこのブログでやっているように、自分の体重データをブログガジェットとして表示することも出来ます。 僕は、この製品に大変満足しています。アップル社以外の製品でも、アップル的な体験は出来るのですね。この製品を買って、深くそれを感じました。もしアナタが最近のアップル製品に辟易している、あるいは少し退屈しているならば、手を出してみる価値はおおいにあると思います。   WiFi Body Scale WBS01 posted with amazlet at 11.07.25 Covia 売り上げランキング: 5255 Amazon.co.jp で詳細を見る

Posted in サプリメント, デジタル製品 | Tagged , , , , , , | Leave a comment

トラックパッドを買うべきかどうかという疑問に対する回答

「iMacを使っているのだけど、トラックパッドを買うべきか」という質問をされることが良くあります。 悩ましい問題ではありますが、僕は必ず「買うべき」と答えています。特に、lionが発売されてからは。 トラックパッドを買うべきかどうかは、あなたがマルチタッチジェスチャーを使えるかどうかによって決まります。マルチタッチを使える人は買うべきだし、使えない人は買っても意味が無い。トラックパッドはそんなデバイスです。 しかし、一歩掘り下げて考えてみてください。これから死ぬまでの間に、どれだけの時間をPCの前で過ごすでしょうか。一日30分だとしても、1年間に180時間。30年間で5400時間です。5400時間といえば半年以上ですから、膨大です。それだけの時間をPCを操作しながら過ごすわけですから、PCの操作効率の高い低いが、人生のクオリティに多かれ少なかれ影響をあたえるのは間違いありません。 身近な例で、ショートカットキーというのがあります。commandキーと特定のキーを組み合わせれば、「元に戻る」「切り取る」「コピーする」「貼り付ける」といった作業が瞬時に出来てしまう。マウスでコソコソクリックするのに比べるとショートカットキーは圧倒的に作業効率のよい作業方法です。職場でもショートカットキーを使えるかどうかで、その人の業務効率に圧倒的な差異が生まれてしまいます。 マルチタッチジェスチャーもまったく同じことが言えます。マルチタッチを使えば、マウスではできなかったような操作を瞬時に行うことが出来ます。「デスクトップの表示」「Launchpadの表示」「ウインドウの表示」は序の口で、「ズーム」「アプリの切り替え」といったことも、指先でスイスイと操作をすることが出来る。逆に、それが出来ない人は多いPCの操作効率を下げているといえるのです。 もしもアナタがマルチタッチを放棄するのだとしたら、それはショートカットキーを放棄するのと同じくらいに愚かな選択をしていると言えるでしょう。つまり「マルチタッチを始めない」という選択肢はあり得ないのです。そして、ご存知の通り、マルチタッチをiMacで使いこなすにはトラックパッドが必須です。 すなわち、今後のPC人生を効率よく過ごすには、トラックパッドが必須なのです。だから僕はいつもこう答えます。 「トラックパッド? 絶対買うべきだと思うよ」 そろそろAmazonでも中古品が出まわるようになりましたね。買いどきだと思います。   Apple Magic Trackpad MC380J/A posted with amazlet at 11.07.25 アップル (2010-07-29)売り上げランキング: 195 Amazon.co.jp で詳細を見る

Posted in デジタル製品 | Tagged , , , , , | Leave a comment

【レビュー】ブルーレイレコーダを購入したら、まず買うべきソフトは「Planet Earth(プラネットアース)」

  プラネットアースを見ずして、ブルーレイを語るなかれ。ブルーレイを買ったらまずはじめに買うべきソフトは、プラネットアースだと思います。 プラネットアースは、イギリスのBBCが製作した「地球の凄いところ全部見せます」的な映像集です。水面から飛び上がったアシカをひとのみにする巨大ザメ、熱帯雨林に生息するきらびやかな生物たち、地底深くに生活する昆虫の巨大な群れ、あるいは遥か上空から爆音と共に地面を叩きつける大瀑布など、地球のありとあらゆる映像を凝縮したのが本作です。 その映像は、「とにかくスゴイ」の一言。言葉では書き表せない感動を味合うことが出来ます。カメラワークが巧みなので、大画面で見るとあたかもその場に居るような錯覚に陥っていしまうほどです。映像はHD用にイチからデジタルマスタリングされているものと、フィルム映像からマスタリングしているものがあるようなのですが、どちらも丁寧にHD用に化されているので、見ていて違和感は感じません。 ブルーレイ版は日本語版と英語版が有りますが、迷わずに英語版を買いましょう。英語版は当然英語のみですが、日本語版に比べて安い。ブルーレイ全6枚が、たったの3000円足らずです。 そもそも映像に価値があるシリーズなので、ナレーションがなくても十分に楽しめます。どうしてもナレーションを聞きたいという人でも、英語のセリフがゆっくりとしていて発音も明瞭なので、少々英語をかじった人(TOEIC600点程度)であれば十分に聞き取れると思います。 ブルーレイ視聴環境は整ったけどまだ見ていないという人は、ぜひ観てみてください。ちなみに英語版は店頭ではまず手に入りません。Amazonで買うのが良いと思います。3000円ちょっとのと9000円ちょっとのものが有りますが、どちらも内容は代わりませんので、安い方を買うのをオススメします。   Planet Earth: Complete BBC Series [Blu-ray] posted with amazlet at 11.07.23 BBC (2007-11-12)売り上げランキング: 11142 Amazon.co.jp で詳細を見る

Posted in DVD、Blu-ray | Tagged , , , | Leave a comment