Notice: wp_enqueue_script が誤って呼び出されました。スクリプトおよびスタイルは wp_enqueue_scriptsadmin_enqueue_scriptsinit フック以降のみに登録・キュー追加できます。 詳細は WordPress のデバッグをご覧ください。 (このメッセージはバージョン 3.3 で追加されました) in /home/hamaro/www/reviewblog/wp-includes/functions.php on line 3587
Category Archives: ゲーム

Category Archives: ゲーム

至高の玩具、タミヤのアバンテ2011。

DSC00048

週末、何も予定がないとき、私はガンプラを2,3キット買い込んで、家にこもることがある。部品を一つ一つ組み上げてモビルスーツを組み立てるのは楽しいものだ。 しかし、最近はこれだけだと物足りないという気持ちが強くなってきた。なぜだろうかとしばらく考えていたのだが、答えは簡単である。ガンプラは作っても動かないからだ。メカは本来は動いて初めてその価値を生むはずだが、プラモデルは所詮は模型であって、動きはしない。出来上がるまでは夢中なのだが、完成後は何もすることがない。これが、物足りなさの原因だ。 もし私と同じような不満を持っている人がいたら、タミヤのラジコンカーをおすすめする。タミヤのラジコンは基本的にプラモデルと同じく、部品レベルから完成品まで自分で組み立てなくてはならない。しかし、組み立てたあと、自分がコツコツ組んだメカが動き出す。そこがガンプラとは違うところだ。作るまでは楽しく、作ったあとは楽しさを超えた熱狂が待っているのだ。 一度マシンを手に外へ出れば、あたかもF1レーザの気分だ。手を汚して油を詰めたダンパーは滑らかに路面からくるショックを吸収し、一つ一つていねいに組み上げたメタル製のアームがしなやかにタイヤを傾ける。ドリフトさせれば砂ホコリが舞い上がり、車体はその中から猛然と走り出てくる。マシンの挙動一つ一つがドーパミンを喚起する。 ラジコンの良い所は、作るまでが楽しいのは言うにおよばず、作ったあとも色々と改造のやりがいがあるということだ。路面にあわせてダンパーの素材を変更したり、タイヤを交換したり、デザイナーよろしく思いのままの塗装を施すことができる。私の場合はスペアボディを赤に塗り、フェラーリのステッカーを貼ってF1マシーン風バギーを作って楽しんだ。デザイン性を意識してタイヤはオフロード用からオンロード用のブロックタイヤに変更し、モーターをパワフルな走行が楽しめるチューンアップ品に換装した。自分だけのオリジナルRCが砂埃を舞い上げる姿には、本当にワクワクさせられる。 ラジコンを買うならばタミヤの未完成品が良い。初心者にも組み立て易く、説明書も親切だ。もちろんキットの完成度も高い。交換部品も豊富である。 車体の価格はピンきりである。安いものならば1万円を切るし、高いものは10万円近くする。初めての人は安いものでも良いと思うが、私が特におすすめするのは復刻品である。20年以上前にタミヤが発売していた往年の名作なのだが、現行品と比べると部品の質感が秀逸なのだ。近年の科学の進歩によりプラスチックはより軽量に、そして頑丈になった。よって、近年発売された現行品は部品は大部分がプラスチックに変更されており質感が安っぽい。しかし復刻品は当時の素材を忠実に再現しており、オールドテイストなステンレスや真鍮を使っている。それが、実に重厚で本物感漂う雰囲気を醸し出しているのだ。 以下に、おすすめの車体を幾つか掲載しておく。まぁ、アバンテが一番カッコ良いと思うが、マニアックな人はファイティングバギー、お金持ちさんはイグレスという選択肢もあるだろう。復刻品は発売後に即完売してしまい値段が高騰することが多い。見つけたら即買いと思ったほうが良い。   1/10 電動RCカーシリーズ No.489 アバンテ (2011) 58489 posted with amazlet at 14.11.09 タミヤ (2011-01-31)売り上げランキング: 33,201 Amazon.co.jpで詳細を見る   1/10 電動RCカーシリーズ No.583 イグレス (2013) 58583 posted with amazlet at 14.11.09 タミヤ (2013-11-16)売り上げランキング: 140,748 Amazon.co.jpで詳細を見る   RC限定シリーズ 1/10 電動RCカー ファイティングバギー (2014) 84389 posted with amazlet at 14.11.09 タミヤ (2014-10-01)売り上げランキング: 173,818 [...]

Also posted in デジタル製品, 玩具 | Tagged , , , , , , | Leave a comment

32歳にもなって、信長の野望「創造」がめちゃくちゃオモシロイ。

2013年の冬に発売された信長の野望の最新作「創造」がめちゃめちゃオモシロイので紹介する。私は信長の野望は過去全作プレイしているが、これは間違いなく歴代で最高の出来だ。 今回の信長の魅力を一言で表すと、「本当の戦国時代にいるような雰囲気」である。本作と比べると今までの作品はもはや偽物でしかない。 まず、信長の野望・創造はマップが良い。平野、山、川、海、全てが本物の日本列島をリアルに再現している。実在した300もの城の間を無数の街道が走っており、その世界を1000人を超える武将たちが走り回る。まるで、行きた戦国ジオラマだ。 今作では、人口の概念が取り入れられた。これが戦国時代の雰囲気の再現に一役買っている。全ての兵士はひとつひとつの城にひも付けされ、その数は城下町の人口によって決まる。よって、各城ごとに動員できる兵力が決まっているのだ。その兵力を率いるのは各城に配属された武将だけだ。なので、どの城に誰を配置するかが非常に重要である。今までのように最前線の城に兵力と武将を集結して敵城にぶつけるといった単純な力技は使えない。地形を読んだ上で武将を配置し、合戦時には軍の集結、挟撃・奇襲などを踏まえた上で進行ルートを決めるという史実さながらの采配をしなくてはいけない。これが本当にオモシロイ。大名になった気分が味わえる至高のゲームだ。いままではこんな作品はなかった。 本作では街道沿いにある人口が多い城下町を支配することが重要になる。多くの兵力をあらゆる場所へ素早く派遣することが可能だからだ。例えば、実際に信長がたどったルートである尾張→美濃→近江→京都、という攻略順序はこのゲームでも実に理にかなったものにある。ただし、街道沿いだけを抑えてしまうと山間部に拠点を構える大名たちからたちまち挟み撃ちにされてしまう。これも史実通りだ。気を抜いてプレイしているとあっという間に包囲網にやられてしまうことになるだろう。戦国時代の大名と同じく、何をどの順番で攻めていくのかを真剣に考えないと滅亡の憂き目にあってしまう。 シリーズおなじみのイベントも磨きがかかった。今のイベントシーンは紙芝居にしか見えなかったが、今作は立派なドラマに仕上がっている。歴史的背景や事実の説明だけではなく、武将の心情描写がとても細やかなのだ。ちょうど、太閤立志伝のような感じだ。戦国時代に行きた人々が死に、裏切り、命を賭けて戦ったさまをこれでもかと味あわせてくれる。かと言って長すぎず、多すぎず、調度良いボリュームに収まっていて、非常にテンポよくゲームを進めることが出来る。 特にイベントの一種である「戦国伝」は、単なるドラマではなく実際のゲーム進行とも深く関わっており、非常に良い。たとえば「稲葉山城を支配する」といった戦争イベント、「松平家と同盟を結ぶ」という外交イベント、はては「(素行の悪い)前田利家を2年間登用せずに放置する」といった家中のイザコザまで手広く表現しており、本当にその時代に生きている雰囲気を強く味あわせてくれる良いシステムだと思う。 また、システム周りも全体的に磨きがかかっている。まず、チュートリアルがしっかりしている。新しいコマンドを選ぶたびにその内容を解説してくれるので、久しぶりにこのシリーズをプレイする出戻りユーザーや、初めてプレイする初心者にも非常に取り付きやすい。また、今作では武将に命令を出す前に、結果がどうなるか事前に分かる用になった。これにより、むやみに使者を送って同盟を断られたり、武将に士官を断られたりすることがなくなった。過去作におけるこういった「作業」は苦痛でしか無く、今作におけるシステム周りの変更は非常に好感が持てるものだ。 あなたがもし戦国時代に興味があったり、あるいはこのシリーズが好きにも関わらずプレイするのをとどまっているとしたら、是非とも一度入手して遊んでみて欲しい。信長の野望・創造は間違いなくシリーズ随一の出来の名作である。そのリアルさと、展開されるドラマにやみつきになるだろう。ちなみにパッケージ版とダウンロード版があるが、私は値段が安く、起動時にDVD-ROMが不要であるダウンロード版をおすすめする。   信長の野望・創造 [ダウンロード] posted with amazlet at 13.12.16 コーエーテクモゲームス (2013-12-12)売り上げランキング: 1 Amazon.co.jpで詳細を見る   信長の野望・創造 posted with amazlet at 13.12.16 コーエーテクモゲームス (2013-12-12)売り上げランキング: 36 Amazon.co.jpで詳細を見る

Posted in ゲーム | Leave a comment

最強のテレビ環境を提供するのはソニーのtorne(トルネ)。

BDレコーダーを買うくらいならば、ソニーのtorne(トルネ)を買ったほうが良い。torneとはPS3に取り付けて使う地デジ用TVチューナーの事だ。本来、PS3にはTV視聴機能はないが、torneを取り付けることでPS3でのテレビの視聴、録画が可能になる。 torneを選ぶメリットを挙げるとすれば、山ほどある。 安い(1万円以下) 操作が簡単、サクサク 録画した映像をPSPやPS Vitaで気軽に持ち出せる。 オンライン機能が充実(アップデートやtwitterとの連携など) しかし何よりも重要なのは、その画質である。通常の地デジ電波というのは、画像が圧縮して送られてくる。圧縮された画像はテレビやBDレコーダなどの機器で元の形式へと復元されるのだが、その際どこまで精巧な絵が得られるかは、その機器の性能による。だから、地デジの鮮明さというのは視聴装置によって異なるのだ。そしてtorneの地デジ映像はあらゆる機器の中でもベストの部類に入る。 なぜならば、torneがPS3の超高級CPUである「CELL」を使うことが出来るからだ。圧縮された画像を復元する際には、高度な計算が必要になる。しかし、性能の高いCPUというのは高価であるため、普通のテレビは何かしら安物のCPUで妥協しているのが現状である。「CELL」は今のところ量産されているCPUの中では最も強力な画像演算能力を持っているため、「CELL」を使っているtorneは最高の復元性能(*)を誇ることができるのだ。※これを「アップコンバート」などという。 torneの評判はかなり良い。Amazonのレビューでも400人以上のレビュワーに対して4.4/5.0の高評価である。発売から2年足らずで販売台数が100万台を突破したらしい。PS3の販売台数は5年で600万台程度だから、torneの勢いはまことに凄まじいといえる。 ぜひ、torneで最高のテレビ環境を経験してみて欲しい。本当に、度肝を抜かれるだろうから。 torne (トルネ) (CECH-ZD1J) posted with amazlet at 12.01.09 ソニー・コンピュータエンタテインメント (2010-03-18)売り上げランキング: 19 Amazon.co.jp で詳細を見る

Also posted in デジタル製品, 家電製品 | Tagged , , , , , , , , | Leave a comment